So-net無料ブログ作成
検索選択

つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い−大阪(時事通信)

 家族を自殺で亡くした遺族らでつくる「ぬくもりの会」など大阪府内の各団体代表らが18日午後、同府東大阪市で開かれる「自死遺族支援のつどい」(同市主催)に臨む。遺族会と行政が連携し、一般の人々にも開放される。同会の田内やすひろ代表(41)は「ネットワークで遺族の声をより広く届け、自殺予防の新たな力になりたい」と話している。
 「身内同士ではつら過ぎて話せない」「自分が無価値になった気がした」と同会の遺族は語る。
 NPO法人の調査によると、自殺者の周囲の人々は、心身への深刻な影響、親類や職場の偏見、経済的ダメージなどに悩まされる。後追い自殺の確率も一般よりかなり高いと言われる。
 一方、同会の遺族には苦しみを分かち合う中で、次第に自殺予防を志すようになった人も多い。
 母親を亡くした30代女性は「わたし自身が変わりたい。遺族だからこそできることもあるはず」と、田内さんが主導する遺族支援の研修に参加、悩む人との接し方を学ぶなど前向きだ。
 「つどい」では遺族の体験談のほか、各団体代表のパネルディスカッションがある。市の担当者は「今までの自殺対策は、うつ病などに周囲が気付くことが重視され、遺族のケアは一番取り組まれてこなかった。多くの人に現状を知ってもらいたい」と話している。
 「つどい」は入場無料。問い合わせは東大阪市保健所健康づくり課 電話072(960)3802。 

【関連ニュース
自殺防止「雇用対策の充実を」=鳩山首相
自殺予告、87人防ぐ=通報は最多の223件
自殺対策でキャンペーン=福島担当相
1月の自殺者、7.2%減=5カ月連続で前年下回る
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府

高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ−参院(時事通信)
<チューリップ>東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出(毎日新聞)
日中韓首脳会談、5月末で調整=韓国・済州、対北など協議(時事通信)
吹き矢フッ!で健康に、愛好者じわり広がる(読売新聞)
雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。