So-net無料ブログ作成
検索選択

野口さんが宇宙授業=子供ら6人に−筑波センター(時事通信)

 「宇宙から見る星座は形が違いますか」「ほとんど同じ形ですが、北半球の星座も南半球の星座も見えます」。「こどもの日」の5日、国際宇宙ステーションに長期滞在している野口聡一さん(45)が、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)の管制室を訪れた小学2年から高校3年の6人に衛星回線を通じて「宇宙授業」を行った。
 野口さんは、日本実験棟「きぼう」に飾ったこいのぼりを「日本一高い、宇宙一高いこいのぼりもあります」と紹介。小型のロボットアームを組み立てたことなど、仕事の内容を説明した後、宇宙に関する質問を受けた。
 秋田市の小学3年保坂真志さん(8)は「犬は宇宙へ行けますか」と質問し、野口さんは旧ソ連で犬が人間より先にロケットで飛行したと回答。愛知県愛西市の中学1年富田竜斗さん(12)の「宇宙では肩こり腰痛が軽くなりますか」との質問には、「重たい首を支えなくていいので、肩こりは確かになくなります」と答えた。
 星座の質問をした浜松市の小学2年山本瑠衣さん(7)は「宇宙に声が届いてびっくりした」と興奮した様子だった。 

【関連ニュース
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
空を泳ぐ海の生物と恐竜=静岡市〔地域〕
「日々に感謝」と野口さん=俳句テーマに故郷と交信

インフル定点が微減(医療介護CBニュース)
GW Uターンラッシュがピーク 5日まで(毎日新聞)
<高速無料化>CO2排出量は減る?増える?…正反対の試算(毎日新聞)
「熊田千佳慕の言葉 私は虫である」刊行(産経新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。