So-net無料ブログ作成

新規2型糖尿病治療薬などの副作用報告を公表―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月26日、「医薬品・医療機器等安全性情報」269号を公表した。この中で、昨年12月11日に発売されたインクレチン関連の2型糖尿病治療薬1成分2品目(万有製薬/小野薬品工業のジャヌビア/グラクティブ)で、今年4月19日までの約5か月間に因果関係の否定できない低血糖症の副作用報告が25例(死亡はゼロ)に上ったことなどを示している。

 ジャヌビア/グラクティブについて、厚労省は4月27日付の事務連絡で、添付文書中の「慎重投与」の項目に「特にスルホニルウレア(SU)剤を投与中の患者」と記載することや、SU剤との併用で低血糖のリスクが増加し、意識消失を来す例も報告されているなどとして、「重要な基本的注意」および「副作用(重大な副作用)」の項目に「SU剤と併用する場合は、SU剤の減量を検討すること」と追記することを求めた。さらに、同じインクレチン関連薬のノバルティスファーマのエクア(4月発売)、ノボノルディスクファーマのビクトーザ(未発売、1月承認取得)、武田薬品工業のネシーナ(未発売、4月承認取得)についても、同日付で添付文書の改訂を指示している。

 このほか、269号によると、抗血小板剤クロピドクレル(サノフィ・アベンティスのプラビックス)は、直近3年間(2007年4月1日-今年1月29日)の因果関係が否定できない副作用報告として、血小板減少症が18例、横紋筋融解症が3例(共に死亡はゼロ)あった。
 また、免疫抑制剤タクロリムス(アステラス製薬のプログラフ・グラセプター)については、直近3年間(07年4月1日-今年3月29日)の因果関係が否定できない副作用報告として、可逆性白質脳症症候群または高血圧性脳症が16例(死亡はゼロ)あった。
 厚労省は、これらの医薬品についても4月27日付で添付文書を改訂し、注意喚起するよう指示している。


【関連記事】
主力品の売り上げ縮小で微減収―小野薬品工業
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協
専門医に聞く、新規2型糖尿病治療薬の使い方(下)

<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)
090金融業者8人逮捕=無登録で109倍金利も―警視庁(時事通信)
法定金利の109倍の利息 090金融業者8人を逮捕 警視庁(産経新聞)
<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
パトカー追跡の車が事故=男性重体、同乗の男児も軽傷―奈良県警(時事通信)

野口さんが宇宙授業=子供ら6人に−筑波センター(時事通信)

 「宇宙から見る星座は形が違いますか」「ほとんど同じ形ですが、北半球の星座も南半球の星座も見えます」。「こどもの日」の5日、国際宇宙ステーションに長期滞在している野口聡一さん(45)が、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)の管制室を訪れた小学2年から高校3年の6人に衛星回線を通じて「宇宙授業」を行った。
 野口さんは、日本実験棟「きぼう」に飾ったこいのぼりを「日本一高い、宇宙一高いこいのぼりもあります」と紹介。小型のロボットアームを組み立てたことなど、仕事の内容を説明した後、宇宙に関する質問を受けた。
 秋田市の小学3年保坂真志さん(8)は「犬は宇宙へ行けますか」と質問し、野口さんは旧ソ連で犬が人間より先にロケットで飛行したと回答。愛知県愛西市の中学1年富田竜斗さん(12)の「宇宙では肩こりや腰痛が軽くなりますか」との質問には、「重たい首を支えなくていいので、肩こりは確かになくなります」と答えた。
 星座の質問をした浜松市の小学2年山本瑠衣さん(7)は「宇宙に声が届いてびっくりした」と興奮した様子だった。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
空を泳ぐ海の生物と恐竜=静岡市〔地域〕
「日々に感謝」と野口さん=俳句テーマに故郷と交信

インフル定点が微減(医療介護CBニュース)
GW Uターンラッシュがピーク 5日まで(毎日新聞)
<高速無料化>CO2排出量は減る?増える?…正反対の試算(毎日新聞)
「熊田千佳慕の言葉 私は虫である」刊行(産経新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。